健康美肌: アイラブ コスメ


@コスメ、コスメ口コミ、コスメランキングなどの美容コスメサイトや
韓国コスメ、オーストラリアコスメまで人気のようです。

良い睡眠は若々しいお肌を作る



女性は特にいくつになっても年齢よりは若くありたいとおもっていますよね。

特に肌年齢は歳を重ねるごとにちょっとした事でもお肌に影響が出てしまい、いつも気が抜けませんよね。

荒れてしまってからエステやサプリ、美顔器、化粧品などに必死ですがるのも分から無くは無いですが荒れてしまった原因から改善し無ければ、それによって手に入れた効果も無駄になってしまいませんか?
肌荒れの原因は人によって様々ですが、大抵の方は不規則な生活リズムが原因だったりします。

寝不足が続いてニキビやクマ、吹き出物が出来てしまったなんて経験は誰でもあるのでは無いでしょうか。
お肌が健康である為には、体と心が健康で無くてはなりません。

就寝時間が不規則だったり、睡眠時間が不足していたりするとターンオーバーの周期が乱れ、肌荒れが加速したり、ホルモンバランスが崩れたりしてしまいます。
それに加え、睡眠時間が充分に取れて無いと疲れが抜けにくくなったり、情緒が不安定になったりします。
肩こりや腰痛などにもなりやすくなります。

こうなるとそれだけでも肌荒れしてしまう所に痛みや精神的な不安で寝付きが悪くなったり、眠りが浅くなったりして、最悪の場合、ひどい悪循環に陥ってしまいます。
逆にいえば、美肌の為に充分な睡眠を取っていれば、健康まで付いてくる可能性が高いという事になります。

とはいえ、無駄に寝てばかりいるのはいけません。
起床時間・就寝時間をきちんと決め、毎日規則的に生活する事が1番、お肌、体、心の健康に繋がるのです。
良い睡眠をとってお肌も若若くしたいですね。


  10秒快眠!!超気絶睡眠法、活き活きブレシング



メイク落しはきちんと毎日しましょう





お肌を健康に保つには毎日きちんとメイク落としをする必要がありますが、メイクの大半は油性なため、水だけでは落とせません。
しっかりと化粧や汚れ、余計な油分などを洗い流してくれる洗顔料を利用するようにしましょう。

正しいメイク落としでは、目元や口、ほおへのポイントメイクを手始めに洗い落としてから、次の手順にいくように心がけるといいでしょう。
メイクアップリムーバーなどをコットンにつけ、常にコットンの清潔な面を押し当てるよう注意しながら、丁寧にポイントメイクのメイク落としを行っていきます。

ポイントメイクを落としたら、クレンジング剤を顔全体に馴染ませます。
適量のクレンジング剤を手に取り、両手で軽く温めます。
手のひらのクレンジング剤を顎、頬、額に少しずつつけてから、中指と薬指の腹で円弧を描くように顔じゅうに伸ばします。

クレンジング剤が顔全体に行き渡ったことを確認したら、ティッシュを顔に乗せてしばらく押さえ、拭き取るようにメイク落としをしましょう。
眉や小鼻のまわりはクレンジング剤が残りやすいので、特に注意します。
クレンジング剤が洗い流すタイプのものも販売されていますが、こちらの場合は拭き取り後ぬるま湯ですすぎます。

この場合も、洗い残しがあると肌荒れの原因になりますので、何度も湯を使って入念にメイク落としを行います。
もし拭き取りタイプのクレンジング剤を使っているなら、濡れコットンなどで拭き取ります。

日常的に行わなければならないメイク落としですので、適正な方法でのスキンケアでメイクや汚れを顔に残さず洗い終わりたいものですね。



ムダ毛の処理



ムダ毛処理は、夏が近づくと腕や脚を出す機会が多くなる為に処理を頻繁に行う必要がありますね。

ムダ毛の処理にはレーザー脱毛や、フラッシュ脱毛、電気脱毛などエステや皮膚科などでムダ毛処理をする方法もありますし、自分でムダ毛処理をする方も多いです。
カミソリによる除毛、毛抜きによる脱毛、ホームエステ用機器での除毛・脱毛、エステでの除毛・脱毛、除毛クリームによる除毛、ブリーチ剤によるムダ毛の脱色などがムダ毛処理として上げられます。

ムダ毛処理の回数を減らして肌に与える負担を少なくする方法が、美容整形における脱毛では医療用レーザー脱毛です。
脱毛は身近なものになってきて、エステサロンや脱毛クリニックでも、ムダ毛の処理を行なうことができます。

永久脱毛はエステで行っていますが、かなりの金額となっていますし、お試しコースといっても必要以上の勧誘があるのではないか、何回コースといっても本当に終わるのかなど多くの不安や疑問がありますね。

自分で行うムダ毛処理は肌に負担を与え、毛嚢炎・埋没毛・瘢痕などトラブルの原因となってしま乳母あいもありますので注意すること。
それぞれの方法でメリットやデメリットがあるので、自分に合った肌に負担を掛けることなく簡単に処理する方法で、ムダ毛処理を行いたいものですね。





Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:健康美肌
エントリー:ムダ毛の処理

敏感肌の対策


肌のセラミドが不足しバリア機能が低下している敏感肌対策を考えると、メイクをすることだけでなく、メイクを落とすことも、肌への負担になっているといえます。
化粧をしたままでは、皮脂や空気中のホコリがついたままの状態になっていますので、メイクと一緒に綺麗に落とさなくてはいけません。

メイクが残っていると、化粧水や乳液で保湿しても肌には浸透せず、汚れと一緒になってしまい、肌へ刺激を与えてしまうことにもなるので敏感肌対策としてはよくないですね。
敏感肌には微アルカリ性の洗顔料を選んだほうが、肌に優しいと言われています。
しかし、洗顔料だけではきれいにメイクは落としきれませんので、敏感肌対策として、メイク落としを使うようにしダブル洗顔で肌トラブル対策をしましょう。

敏感肌対策のメイク落としには、オイルタイプ、ジェルタイプなど、色々な商品が売られていますが、その中でも、敏感肌の人が気をつけなくてはいけないのは、拭き取るタイプのメイク落としです。
敏感肌の人は、メイクをしているだけでも肌ストレスになっていますから、その肌をゴシゴシと摩擦することは、肌トラブルの原因になり、敏感肌対策にはなりません。

また、水分も脂分も減った状態の敏感肌の人にとって、皮脂を取り過ぎに注する必要があるのでる皮脂までとる恐れのあるオイルタイプのメイク落としも、あまりお勧めできません。
敏感肌対策として、肌に負担をかけずらい、油性のジェルタイプやクリームタイプ、乳液タイプを使うといいでしょう。



タグ:敏感肌 保湿

Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:健康美肌
エントリー:敏感肌の対策

サーマクールって何?

女性は誰でもいつまでも美しくありたいと願っています、そこでスキンケア商品やさまざまな美容機器も開発されています。
世の中のさまざまな美容技術の進歩には、目を見張るものがありますね。

世の女性に肌の悩みは尽きません。
年齢とともに肌に張りがなくなってきたり、シミやしわが目立つようになってきます。
それは肌が長く自分と一緒に過ごしてきた時間を考えれば、仕方のないことと言えるでしょう。
でも「もう年なのだから、今さらケアしても…」とあきらめてしまうのが、さらに肌を老けさせてしまう原因の一つでもあるのだそうですよ。

肌のたるみ、しわを何とかしたい、肌の老化を少しでもペースダウンさせたい、そんな願いを持つ女性の間で「サーマクール」が話題になっています。

サーマクールとは、アメリカで開発された、しわやたるみに効果的な高周波を用いた美容治療器です。
従来は、しわやたるみの治療と言えば、リフティング手術やレーザー治療が主流でした。
しかしサーマクールは高周波を用いるため、レーザー機より長い波長を持ち、しわやたるみの原因である緩んだ皮膚真皮や筋肉層にまで届き、ダイレクトに働きかけます。
またメスを使った手術とは違い、施術したその日に、お化粧をして帰ることができます。

自分の大切な肌に関することですので、まずはクリニックを受診し、自分がサーマクールを受けることができるのか、どの部分をどのようにしたいのがなどを医師に相談し納得した上で施術を受けられるとよいと思います。

バランスの良い食事で肌年齢を若く

毎日の食事が肌年齢に影響を与えます。
不規則な食事や偏食などバランスが悪い食事を続けると肌の老化の
原因となります。

肌の老化は20歳を過ぎた頃から始まると言われています。
しかし、肌のメカニズムをよく知り、正しいいケアをしたり、肌によい食事を採ったりすることによって、実年齢よりはるかに若い、健康な肌年齢を保つことができるのです。

皮膚は、表皮、真皮、皮下組織からできています。
表皮は4層になっており、その一番上が角層です。
角層はさらに15〜30層にもなっている角質細胞の層になっています。

ここの隙間を埋めているのが細胞間脂質であり、角層の表面を被っているのが皮脂膜です。


肌はほぼ一ヶ月のサイクルで新陳代謝が行われています。
一番下の基底層というところで生まれた新しい皮膚が老化して剥がれるまでが一ヶ月なのです。


健康な肌は、このリズムが一定しているのです。
しかし無理なダイエットやバランスの悪い食事をしたり、不規則な生活を続けていると、この一ヶ月のサイクルがのびてしまいます。
そして新しい肌が作られないままに、古い角質細胞が表面に残って、ガサガサの肌になったりします。

毎日の食事の面から肌の健康を考えますと、何と言ってもバランスの良い食事を心がけることです。

皮膚の原料はタンパク質であることを忘れないでください。

水分、脂質分の不足もガサガサの肌になってしまいます。
ダイエットのための極端な油抜きや偏食・少食は要注意です。

毎日食べる主食をビタミン、ミネラル、食物繊維豊富
な栄養価の高い
玄米
にする効率よく摂れていいですよ。




そしてビタミン補給が大事です。
ビタミンは美肌作りに優れた働きをしてくれます。

ビタミンAは、粘膜組織を安定させ、肌をなめらかにしてくれます。

ビタミンEは、血行を良くし血管の老化を抑えて新陳代謝を活発に
       します。
ビタミンCは、皮膚を構成するコラーゲンを補給する働きがあります。
       紫外線による色素沈着を防ぎますので、シミやソバカス
       を予防します。

その他にも、皮脂の分泌を調節して肌をなめらかにしてくれるビタミンB2や皮脂腺の働きをよくするビタミンB6があります。

また、貧血から起こる顔のクスミを防ぐ鉄分も必要です。

本来、食事で摂取するのが望ましいビタミン類ですが、市販のビタミン剤と上手に組み合わせるのも良いでしょう。


肌荒れに効果のある野菜は
トマト、ほうれん草、ブロッコリー、小松菜、きのこ類、しそ、にんじん、パセリ、かぶ、キャベツ、ピーマン。などがあげられています。


毎日の食事をちょっと気をつけて摂ることだ肌は本来のツヤとハリを
保津古とが出来るのです。

毛穴改善

毛穴の改善は、日常の過ごし方とスキンケアの仕方で出来ます。

●皮脂分泌を刺激する食品を控える。
チョコレート・バター・チーズ・ナッツ類・アイスクリーム・ケーキなど、油っこいものと甘いものはダメ。
●皮脂細胞に活力を与える。
ビタミンB2・B6・C・E・アミノ酸のサプリメントを摂ると、代謝を活性化させ、ハリのあるふっくらとした肌になり、毛穴が引き締まっていきます。
ストレスの影響も受けにくくなります。
●ストレスを解消する。
ゆったりしたバスタイムを持ったり、好きな音楽を聴いてボーっとするなど、何もしない時間を持つことも大切です。
●適切なスキンケアをするお肌に合わない化粧品やマッサージなどにより、返って逆効果となる刺激をお肌に与えてしまうことがあります。
スキンケアはあくまでシンプル&ゆっくりが基本です。
ベーシックなスキンケアをきちんと続けるだけでも毛穴の開きかたはかなり違ってきます。
●自分の肌質を知る。
油とり紙に皮脂がべったりという人でも、実は乾燥肌だったりします。
皮脂が多いからといって保湿ができているとは限りません。
皮膚内部が乾燥しているインナードライということもあります。
自分で肌質の判断ができない場合は、カウンセリングを受けてみるとよいかもしれませんね。

【ポイント10倍】【送料無料】ヒアルロン酸ECM・E105送料無料1225thanks10


今日から毛穴レスを目指してしてすぐに始めましょう

Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:健康美肌
エントリー:毛穴改善

アンチエイジング 

アンチエイジング  

老化防止や加齢防止のことでアンチエイジングという言葉が多くのメディアが取り上げていますね。
アンチエイジングとは若さと元気をいつまでも保っていようということです。
誰でも人は、年齢とともに衰えていきますね。
とくに外見では、シワが増えたり肌の弾力や張りがなくなったりします。

この老化現象からは、誰も逃れることはできないのですが、少しでも老化を遅らせ、若々しく元気でありたいと言うのがこ古来からの願いです。
秦の始皇帝が不老長寿の薬を求めたのはよく知られていますよね。

アンチエイジングのために、マッサージ、化粧品、アロマテラピー、サプリメント、運動、食事療法など多くの方法が考えられてきました。
サプリメントでは、L-カルニチンやα-リポ酸を使ったダイエット法、デトックスを利用した体内の毒素排出などが最近の流行です。
また、シミや小じわを解消し肌の張りをとりもどす、アンチエイジング化粧品もよく見かけます。

アンチエイジングは、サプリメントや化粧品を使った若返り法だと思われていますが,それは間違った考えであります。
本来のアンチエイジングは栄養バランスが良い偏らない食事、適度な運動、健康的な生活習慣、それに明るく笑って過すことが大切なのです。
サプリメントや化粧品はあくまでも補助の役割です。

Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:健康美肌
エントリー:アンチエイジング 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。