スキンケアコスメ: アイラブ コスメ


@コスメ、コスメ口コミ、コスメランキングなどの美容コスメサイトや
韓国コスメ、オーストラリアコスメまで人気のようです。

スキンケアの基本はクレンジングから


スキンケアを行うにあたり、まず注視すべきは「クレンジング」です。
クレンジング、すなわち化粧落としはお肌を傷める原因になりやすいと言われています。
化粧を落とす行為の際に傷める事もあれば、化粧を落としきれずに傷めてしまう事もありますが、いずれにせよクレンジングがしっかりできていないと、スキンケアに大きな支障をきたす事になるのです。

クレンジングは、主に4つの方法に分けられます。
・ティッシュやコットンを使って落とす「ふき取り型」
・クリームや乳液を使う「クリーム型」
・オイルを使う「オイル型」
・ジェルを利用する「ジェル型」です。

一番多いのは、おそらくコスト面で一番負担のない「ふき取り型」ではないでしょうか。
ただこの方法は、一番肌を傷めやすいとも言われています。
ふき取る際に、摩擦によって肌を傷める可能性があるからです。
特に、化粧を厚くしている人は、落とすのに相当苦労しますね。
そこで、思いきり力を入れて拭き取り、その結果肌を傷めてしまう事はよくある事です。
力を入れて吹くと、毛穴に汚れが入り込んでしまうので、さらに危険です。
シミの原因になるとも言われています。
できれば他の方法が好ましいのですが、どうしてもこの方法を、という場合は、水で濡らして行うと良いでしょう。

残りの3つは、化粧次第です。
たとえば、ファンデーションを多めに使用している場合は、クリーム、乳液は向いていません。
薄化粧の場合、オイルだと少々洗浄力が高すぎて、そのせいで肌を傷めてしまいます。
ジェルは油汚れが少し落ちにくいという性質があります。

自分のスキンケアのスタイルにどのタイプが向いているかをよく考えて使い分けましょう。





感想肌のあなたは無添加のメイク落としを






敏感肌の方はメイク落としにも気を使いましょうね。
メイク落としで無添加のものを選べば安心して使うことができるでしょう。

無添加のメイク落としは、着色料や香料、防腐剤などが含まれていないものとなります。
ですから化粧品に含まれる香料が苦手という方は、無添加のメイク落としを選ぶのが良いでしょう。
そして無添加のメイク落としは、石油系海面活性剤が不使用というものが良いですね。。
このようなメイク落としなら肌にかける負担が少なくて済むので、肌に優しいと思います。

また、無添加のメイク落としにはダブル洗顔不要のものもあります。
ダブル洗顔とはメイク落としで顔を洗った後に、洗顔料で洗うという洗顔方法のことです。
このメイク落としと洗顔料を使ったダブル洗顔は、必要な油分までも取り除いてしまうということを聞いたことがあります。
ですから無添加のメイク落としでダブル洗顔不要のものを選べば、必要な皮脂を残すことができるので、肌のバリア機能を衰えさせることなくメイクを落とすことができるのではないでしょうか。

天然成分を使った無添加のメイク落としも登場しています。
植物オイルが配合されている無添加のメイク落としは、感想肌のあなたにも低刺激で肌を優しくいたわりながらメイクを落としてくれるでしょう。




DHC化粧品

お買い得化粧品ならDHC


お肌の荒れはほとんどの原因が化粧品。

できるだけいいものを使わなければなりません。

デパートですすめられた化粧品とかって、本当に肌に合っていないことがありますよ。

成分的にあまりよくないものが本当は氾濫しているんです。

なぜならコマーシャルにかける費用がかさめばかさむほど、品質がおろそかになっていくんです。

こんなわけで、有効成分の割合が数パーセントということも多々あるんです。

このことを知っていろいろと調べてみて見つけたのがDHC化粧品のものです。

何をおいても質を重視するという姿勢をDHC化粧品は貫いていますから有効成分が違います。

さらに、肌にダメージを残さないように有効成分以外のものは入れないようにしています。

DHC化粧品の商品を使っていると肌が荒れませんから、肌がどんどんキレイになっていきます。

私もDHC化粧品の保湿成分のおかげで地肌がすべすべになってきています。

地肌の状態がよくなってくると、けっこう薄化粧でも平気になってきます。

DHC化粧品を使いはじめるとすぐに効果がでてきます。

DHC化粧品は他の人の評判もいいですから、使ってみるといいですよ。



お試しになってはいかがでしょう。



Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:スキンケアコスメ
エントリー:DHC化粧品

肌あれ予防

冬の訪れと共に空気がつねに乾燥気味となりますね。
空気の乾燥は肌も乾燥させ肌荒れになりやすくなります。
そこに紫外線や不規則な生活、タバコやアルコール、ストレスなどが加わり、肌荒れをさらに招いてしまうのです。
女性にとっての肌荒れは、化粧ののりを悪くさせるだけでなく、精神的にも憂うつな気分させるなど美容の大敵です。
十分な睡眠と規則正しい生活を心掛けても実際には難しい環境におかれているといえます。
しかし、そんな環境でも強い味方となってくれるのが、いくつかのビタミンであります。
まず、肌に潤いを与えてくれるのがビタミンAです。
ビタミンAが不足すると肌がカサカサに乾燥し、毛穴が盛り上がったようになります。
さらに、皮膚を健康に保つ働きがあるのが、ビタミンB2・ビタミンB6、ニコチン酸などのB群です。
ビタミンB2が不足すると口角炎などの口の周りに炎症を起こします。
また、ニコチン酸が不足すると口内炎や皮膚炎が起こりす。
さらに、シミ、そばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きがあり、美白効果が期待できる栄養素は、ビタミンCであります。
ビタミンCは、肌の弾力を保つコラーゲンの合成を高める働きもあり、肌のはりを保つ上でも欠かせないビタミンであるのです。
タグ:肌あれ予防

Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:スキンケアコスメ
エントリー:肌あれ予防

くまが出来た時のスキンケア

くまができると、老若男女を問わず顔色が悪く、疲れて見えますよね。
どんなに明るくふるまってみても、快活な印象とはいえないでしょう。
疲れの目安になると感じている人もおられるのでは?

くまができる目の下の皮膚は、顔の中でもとても薄いのです。
頬の皮膚の厚みに対して3分の1といわれています。
だから、うっ血したり、皮膚のメラニン色素が透けて見えていたりしてしまいます。これがくまです。

くまを予防するスキンケアはどんなことが挙げられるでしょう。
まずは充分な睡眠です。
くまの原因に一番にあげられるのは、寝不足です。
実体験されている方も多いのでは?

そして、目の疲れ。パソコンやテレビを見る時間や姿勢にも気をつけましょう。
うっ血が原因なので、血流をよくしましょう。
血液を作る栄養素、鉄分の多いものをしっかりとるようにしましょう。
お風呂でしっかり温まり、循環をよくするようにしましょう。
その時に、蒸しタオルを目の上にのせると効果が高まります。

また、目のまわりは乾燥しやすいので、アイケアも取り入れたいものです。
目元専用の美容液やクリームも出ていますから、皮膚を刺激しないようにやさしくケアしてみてください。
指に力を入れてはいけませんよ。

くまができてしまうと、隠したくなるものですね。
各メーカーが工夫をこらしたコンシーラーを出しています。
いざという時は、このお助けアイテムをつかって、くまをカバーできます。
でも、これは一時しのぎで、根本的な解決ではないということをしっかり肝に銘じて根本対策を忘れずに。

タグ:スキンケア

くすみのスキンケア

くすみとは皮脂と細胞の脂分が酸化して黒ずんだ状態のことです。
自分では分からない場合があるかもしれません。

いつものメイクで仕上がり感がしっくりしない。
いつものファンデーションをつかっているのに、顔が浮いて見える。
首と顔の色が違ってきていたり、顔のおでこ、髪の毛の生え際と明らかに色が違ったりしているなどは、くすみが出ている状態です。

朝、メイクするときに透明感があるのに、夜になるとくすんでしまうという人はこの皮脂の酸化に気をつけなくてはいけません。
くすみをほうっておくと、洗顔だけでは取れなくなってしまうからです。

くすみはファンデーションの油分が残って黒ずむというのと、血液の循環が悪く、皮脂分泌が正常に行われず、くすみになる場合があります。

また、シミは肌内部からおこるものですが、くすみは肌表面からおこるものです。

肌表面のトラブルということで、クレンジングが重要だということがお分かりですね。
勿論、強い力でごしごしすればいいというわけではありません。
優しく丁寧なクレンジングが大切です。
くすんでいるなと思うときは、メイクをしていなくても、クレンジングをしっかりしましょう。

オイリー肌の人は、優しすぎるクレンジングで、余分な皮脂が肌に残っているのを疑ってみましょう。
混合肌の人は、クレンジングの使い分けに気をつけてみてください。
肌表面の酸化が問題なわけですから、抗酸化作用・肌老化防止作用の化粧品を使ってみるのも方法でしょう。




エポラーシェが口コミで人気

美しい肌の人をみかけるとついつい目で追ってしまったり、じっと見てしまったりしますよね。
美しい肌は女性の憧れ。年を追うごとに増えてくるしみやソバカス、たるみやシワ。どうにかするにはやはり毎日使うスキンケアアイテムの見なおしが重要です。
あなたのスキンケアアイテムを見なおして、美しい肌を作るエポラーシェに変えてみてはいかがですか?

カリスマ美容研究家の岡江美希さんが女性の美しい肌のためにこだわってプロデュースしたスキンケアアイテムがエポラーシェです。
エポラーシェは与えすぎないシンプルケアで肌本来の力を生かすことで、美しく透明感のある肌を作り上げるスキンケアアイテムとなっています。

エポラーシェシリーズの使い方の基本の流れは、まず最初にクレンジング洗顔料でしっかり汚れを落とし、次に化粧水、濃縮美容液、濃縮保湿美容液をつけ、最後に美容クリームでしっかり保湿をするという流れになっています。
その後に化粧をする場合はエポラーシェ日焼け止め・化粧下地をつけます。

美しくみずみずしく透明感のある肌を目指すのなら、口コミでも人気のエポラーシェシリーズを試してみてはいかがですか?
無着色、無鉱物油、弱酸性、界面活性剤無添加、パラベンフリーとなっているエポラシェシリーズは自然派の人にもオススメのスキンケアアイテムです。

毛穴・黒ずみ対策

みなさんはこれまで毛穴の黒ずみのお手入れのために、どれだけの時間やお金を費やしてきましたか?
いろいろな美容雑誌やサイトでも毛穴の黒ずみのお手入れ方法はよく取り上げられており、情報が氾濫しています。
しかしあまり改善されないのはなぜでしょう?
お手入れの方法が間違っているとは感じたことはないでしょうか。

毛穴の黒ずみは見た目がよくないと言って気にする女性が多いのですが、実は食事や生活習慣の乱れからおこっていることが多いのです。
また生理の時期にも皮脂の分泌が過剰になり毛穴が詰まりやすく、吹き出物が出やすくなります。
自分の生活習慣の改善や体調を知ることでも毛穴の黒ずみは予防することができます。

毛穴の黒ずみ対策として、毎日のお手入れにプラスして週に1.2回のスペシャルケアをお勧めします。
例えばピーリングです。
ピーリングは毛穴に詰まった皮脂を溶かし、肌の不要な角質を除去する効果があり、目に見えて肌が明るくなり、化粧水の吸収も良くなります。
しかし効果が高いので毎日行うと逆に肌を傷めてしまうので、使用回数を守るようにしてください。

毛穴黒ずみの対策として、最近話題の美白成分「ビタミンC誘導体」も効果的です。
ビタミンC誘導体は皮脂分泌を抑える効果がありますので、通常のお手入れにプラスしたスペシャルケアとして美白美容液を加えることで、毛穴ケア+美白の効果が得られるというメリットがあります。

毛穴の黒ずみは、実は皮脂や汚れだけが原因ではありません。
ストレスなどにより自律神経が乱れることによってホルモンバランスが崩れ、ターンオーバーが正常でなくなるのです。
ストレスを溜め込まないのが一番ですが、疲れたときはアロマのお風呂に疲れてリラックスをするなど対策をしてみるの良いでしょう。
タグ:毛穴 黒ずみ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。